構成文化財-経塚

みなみかつらぎさんかがみのしゅく あんらくぎょうほん 南葛城山鏡宿 安楽行品(第十四経塚)

葛城修験第十四番経塚と考えられている場所は、2か所あり、一つは南葛城山の山頂付近に2基の自然石が置かれている、かつて鏡ノ宿と呼ばれた修験の行所である(もう1か所は光瀧寺の中)。葛城峯中記等においては、鏡ノ宿に経塚があったと示すものは発見されていないものの、今も多くの修験者が巡拝に訪れる場所である。楠木正成公が遠見して鏡を埋めたという言い伝えも残る。

問合せ先

橋本市 シティセールス推進課 0736-33-6106

所在地

和歌山県橋本市高野口町九重

アクセス

京奈和自動車道高野口ICから車で約30分

料金

参拝自由

営業時間

参拝自由

定休日

参拝自由

駐車場

なし