構成文化財-その他文化財

ふどうやまのきょせき 不動山の巨石

葛城山から吉野金峯山へ橋を架けるため、役行者が一言主神に集めさせたと伝わる巨石群。伝承では、顔が醜かった一言主神は人目を避け、昼間は活動しなかったので、石を集めただけで終わったといわれている。635段の階段の上にある修験の行所であり、付近には3~5m以上もある石が屹立する光景が、伝説を今に伝えている。巨石の中には、穴が開いたものもあり、耳を当てると神秘的な音色が聞こえることから、「日本の音風景百選」にも選定されている。

問合せ先

橋本市 シティセールス推進課 0736-33-6106

所在地

和歌山県橋本市杉尾

アクセス

京奈和自動車道橋本東ICから車で約20分

料金

なし

営業時間

見学自由

定休日

なし

駐車場

あり