構成文化財-経塚

いぬなきさんしっぽうりゅうじれいしょがたけ ごひゃくでしじゅきほん 犬鳴山七宝瀧寺鈴杵ヶ嶽 五百弟子受記品(第八経塚)

葛城修験第八番経塚。犬鳴山七宝瀧寺の南、標高558mの燈明ヶ岳の山頂にあり、西側に大阪湾を見渡す展望が開けている。石壇の上に2つの石祠と板碑が置かれ、板碑の中には、二十八品の中でも最古級の「長禄三年(1459)十月十五日」と刻まれた経塚碑が見られる。燈明ヶ岳へ続く山道には、「蛇腹」「裏行場」と呼ばれる行所があり、「裏行場」の入口には鳥居に注連縄が張られ、修験の山らしい厳かな空気が満ちている。

問合せ先

七宝瀧寺本堂 072-459-7101

所在地

大阪府泉佐野市大木

アクセス

関西空港自動車道上之郷ICから車で20分

料金

参拝自由

営業時間

参拝自由

定休日

参拝自由

駐車場

なし