構成文化財-寺社仏閣

たいまでら なかのぼう 當麻寺 中之坊

白鳳時代、役行者が開創とともに熊野から勧請した竜神を祀り(龍王社)、行所として開かれ、天平期に住職の住房「中院御坊」となった當麻寺の筆頭寺院にして最古の僧坊。国宝・綴織當麻曼荼羅の伝説で知られる中将姫の剃髪・修行の場でもあり、本尊の十一面観音像は通称「導き観音」として信仰を集めている。また坊中には、大和三名庭の一つに数えられる香藕園を擁し、霊宝殿では創建時の遺物や、中将姫ゆかりの宝物など数多く収蔵品が、年4~5回の入れ替え制で常時公開。役行者の秘薬「陀羅尼助」が伝わることでも知られる。

問合せ先

寺務所 0745-48-2001

所在地

奈良県葛城市當麻1263

アクセス

近鉄当麻寺駅から徒歩15分

料金

大人500円

営業時間

9:00~17:00

定休日

参拝自由

駐車場

15台