構成文化財-その他文化財

なかつがわぎょうじゃどう 中津川行者堂

葛城修験の「中台」と呼ばれ、修行を行う聖護院門跡が山伏の位階を受ける重要な儀式「葛城灌頂」が行われる、葛城修験の中心地をなす行場。現在も、毎年春の護摩供や修験者のもてなしなどを住民が話し合う「行者講」が開かれている。

問合せ先

0736-77-0843(紀の川市観光振興課)

所在地

和歌山県紀の川市中津川

アクセス

京奈和自動車道紀の川ICから車で15分

料金

参拝自由

営業時間

参拝自由

定休日

参拝自由

駐車場

なし